本文へスキップ



esq カバーアルバム 紹介

esq (エスク)の、カバーアルバムの
感想です
私が制作したページを
残しています。

ギャラリー


Episode Vol.1
1997.2.26
1、Moon River
 61年映画
 「ティファニーで朝食を」主題歌
2、Stop,Look.Listen
 71年ザ・スタイリステック
3、きっと言える
 73年荒井由実
4、再会
  esq4枚目シングル
5、For Once In My Life
  69年スティーピーワンダー
6、きぬずれ
  77年山下達郎のアルバム
 「spacy」より
7、Caroline,No
  66年ピーチボーイズ
  「Pet Sounds」より
8、Single Night
  85年スターダストレビュー
三谷さんの初のカバーアルバム
穏やかなMoon Riverから始まる
このカバーアルバムは
とてもゆったりとした気持ちに
させてくれます。

三谷さんのピアノの弾き語りは
いつもステキな世界へ
私達を導いて下さいます。

For Once In My Lifeでは
いろんなハーモニーを
三谷さん一人でされていて
とても聴きごたえがあります。

Single Nightは
あまりいろんな音を使わず
とてもシンプルな作りに
なっていてすごくいいですよね。

最後にこのCDをPCに
入れてみて下さい
三谷さんからのプレゼント

Episode Vol.2
2001.1.20
別タイトル
春夏バージョン


1、瞳の中の天国
  91年スターダストレビュー
  「Brightest!」より
2、Surf's Up
  71年ザ・ビーチボーイズ
  「Surf's Up」
3、月影のスローダンス
  87年スタレビアルバム
 「Night Songs」より)
4、プールサイド
 78年南佳孝ノアルバム
 「South Og The Border」
5、Genevieve
  78年アンドリューゴールド
 「All This And Heaven Too」
6、Disney Girls
 77年Bruce Johnston
 「Going Public」
7、Burn Down The Mission
 70年エルトンジョン
「Tumbleweed Conneciton」
8、抱きしめよう
 96年esq
「ジャンボリー」
9、地球は狭くなりました
  73年オフコース
 「僕の贈りもの」
10、We've Only Just Begun
  70年カーペンター
  「Close To You」
11、夏の女王
  89年スタレビ
  「In TheSunInTheShade」
12、Will You Love Me               Tommorrw
  71年キャロルキング
  「Tapestry」
13、Summer Soft
  76年スティピーワンダー
 「Songs In The Key Of Life」
春夏バージョンらしく
さわやかな曲、瞳の中の天国から
始まるのがこのカバーアルバムです。

月影のスローダンス
最近のライブでよく歌われるように
なったのはやはりピアノを弾きながら
指パッチンが
とてもかっこいいからでしょうか?
ってなんのことかわかんない?
それはライブでリクエスト
してからのお楽しみ。

プールサイド
何だか三谷さんの曲?って
勘違いしてしまいそうでした
とても曲の世界観が似ている
ように思ったのです。
とてもステキな曲だなぁと思いました。

Genevieve
実は一番気にいったのは
この曲なの。
演奏のあの音がとても気持ちよくって
何回も聴いちゃった
酔いしれるってこんな感じかなぁ~

Burn Down The Mission
最初静かな曲なのかとおもいきや
後半になってすごい迫力。
三谷さんが
この人のようになろうと思った理由が
わかるような気がしました。

夏の女王
やっぱりこの曲好き
夏のイメージの曲は何でも好きだけど
スタレビの時のバージョンとは
少し違うけどこれもいいなぁ~

Summer Soft
最後のキーボードの演奏が
とてもドラマティックでした。
とても穏やかないい曲ですね。
 EpisodeVol.3
2001.1.20
別タイトル
秋冬バージョン
1、One More Time
  87年スタレビアルバム
  「Night Songs」

2、Losing Myself In You
  78年スティーブンビショップ
  「Bish」

3、It's Only A Paper Moon

4、旅立つ秋
  74年荒井由実のアルバム
  「Misslim」

5、Love Space
  77年山下達郎のアルバム
 「Spacy」

6、Don't Go Breaking My Heart
  67年RogerNichols&
  TheSmallCircleOfFriends
7、週末の天使
  95年esq「自由の人」
8、Sister Moon
  87年Sting
  「Nothing Like TheSun」
9、Let's Call It"Love"~
  Feel Like Makin'Love
  94年スタレビアルバム
  「楽団」より~
  74年ロバータ・フラック
  をメドレーで
10、Border Song
  70年エルトンジョン
    「Elton John」
11、Cliche
  76年トッドラングレン
  「Faithful」
12、The Christmas Song
   Nat KingCole
13、Sing A Song For You
  87年スタレビのアルバム
  「Night Songs」
秋冬バージョンにふさわしく
やさしくとても暖かな曲
One More Time
ピアノでしっとり歌われる三谷さんが
とてもステキです。

Losing Myself In You
三谷さんの大切な思い出って何なんだろう
少し興味が沸いた一曲でした。
曲を聴いていると私まで
昔のこと思い出しそうになる
そんな気持ちにさせてくれる曲だなぁと
思いました。

It's Only A Paper Moon
パーカッションとトランペットの音が
とてもオシャレな感じで
よく聴いていた曲のはずが
また違った曲に聴こえてきます。

Don't Go Breaking My Heart
すごくロマンティクな曲
三谷さんのやさしい声に
とても合っている曲だなぁと思いました。
ひとり部屋でシトシト降ってくる雨を
窓越しに見てる
そんな情景が浮かんでくるの
私だけかなぁ~?

Let's Call It"Love"~
       Feel Like Makin'Love
ライブで聴いた時もとても雰囲気が
あってうっとりして聴いていました。
自然に Feel Like Makin'Loveへ
入ってくこのあたりの演出が
とても好きです。
本当の意味で陶酔するって
こういう感じなのかって
初めてそう実感した曲です