esq “The Trio”Presents 【BARA(榊原雄一)】音楽生活30周年記念ライブ

2014年5月10日 目黒 Blues Alley Japan
出演:BARA(榊原雄一):Bass、三谷泰弘(Vo、Key)、夏秋文尚:Drums
ゲスト:六角精児(Vo、Guitar)、相島 一之(Vo、Harp)、江上徹(Vo、 Guitar)
シークレットゲスト:飯塚昌明(GRANRODEO、Guitar)


esq Trio LIVEを基本に進める、BARAさんセレクト曲で、三谷さんは、選曲していないそうです。
なかなか曲目が決まらず、一週間前に、三谷さんから「そろそろ決めないと」と言われたとか。
どんな感じになるのか、ドキドキしながら開場を待ちました。
今日の開演前のBGMも、BARAさんのお仕事をしてきた中から、選曲されたいろんな曲がかかっていました。

まず、3人で、左から、夏秋さん、BARAさん、三谷さんと並ぶ。

01. BARAさんの曲から幻想的に始まる〜夜間飛行 / esq In Motion / スタレビ Thank You
ベースの音が、会場に広がり緊張感が漂う。
何の曲から始まるんだろうと思っていたので、度肝を抜かれる感じがした。
BARAさんの世界。
ステージの中央に位置し、重低音で体にビシビシ伝わってきた。
そこから、三谷さんの演奏が始まり、この曲から始まった。
地上から空へと舞い上がる、そんなイメージがした。

02. Evil eyes -悪意- / esq 自由の人
PCの音が軽快になりだす。
esqのサイトにも、BARAさんが選んだ曲が、動画で紹介して下さっているので、合わせて見て頂くと
当日のライブの模様が、想像できると思う。
中盤のドラムの夏秋さんのとことか、BARAさんの演奏とか、迫力ある。
好きな曲。

03. 愛よ何処へ / esq Koo:kan
三谷さんの演奏からはじまる。
この曲もいい。
ベースのソロも、この日は、一味違う熱を感じる。

MC
この日は、BARAさんが中心になって話す。
会場から「おめでとう」と声がかかる。
BARAさん「ありがとう」少しテレた感じで答える。
1曲目は、自分が作ったオリジナルの曲から始めて夜間飛行に移る。
今日は、自分の好きなesq曲をセレクトしたそうです。
三谷さん「もう、BARAさんの緊張感が半端なくて、声を出すまで、こっちも緊張しちゃって」と言われていた。
BARAさん「ナッチーは、大丈夫?」
夏秋さん、全然みたいなリアクション 笑
BARAさん「こういう人がバンドには一人必要だよね。
ベースがセンターにいるなんて、30年に1度しかないよ。
なんか、最近、急に忙しくなっちゃって」
三谷さん「1週間くらい前になるのに、連絡なくて不安になった」
BARAさん「18年esq歴、参加してから、もうesqっ子だから。。。」
esqっ子?って、面白い表現するなと。。。
会場大爆笑。

04. 夏の女王 / esq Episode Vol.2 / スタレビ Rendez-Vous 
この曲は、前に、ともさんと、山本公樹さんとでやった曲
夏の涼しげな曲っと、BARAさんが紹介。

05. 流星物語 / esq In Motion 、Tailor-made / スタレビ Rendez-Vous
ギターの音色を使って
いつもの同時コーラスも使いながら。。。

06. もっとそばに / esq 自由の人
ベースの迫力に圧倒。
後半の三谷さんの演奏にも、迫力が増して最高だった。

ステージから3人が消えて、ブルースアレイのスクリーンに映像が流れる。
動画は、探すと出てくるそうです。
07. BARAさんの若き日のストリートライブ映像上映
  ベルリンの壁崩壊後の旧東ドイツ大使館にてライブ演奏。
  GREEN 江上徹:Vo/G、BARA(榊原雄一):Bass、吉田学:Drs 

ステージに、BARAさんと友人の江上徹さん(Vo、 Guitar)登場。
江上さん「おめでとう」
それから色々しゃべりだすが、BARAさん、しゃべらないでオーラを出す。笑
二人で歌う、曲目不明

MC
BARAさん「もう、しゃべらずに歌に入りたかったのに」っと。
VTRあけ、殺伐とした感じから入りたかったのに、雰囲気を壊されたように言いながらも、
親友のお二人の雰囲気は、よかった。。。笑

三谷さんが、VTRのことで、BARAさんにインタビュー。
徹くんが見つけてきてとBARAさん。
屋上で勝手にライブをしたという。
赤坂警察が、最後の30分前にやってきたそうです。
代表者、捕まりましただって。。。
WOWOWの人がビデオ撮っていたとか。
初ライブで逮捕。
好きなところでやる、ビートルズのように。。。とか
BARAさん「今じゃ、100万積んでもやらない」
三谷さん「100万も積まないよねぇ」だって。笑

08. bloody Sunday / GREEN 
ステージに、江上徹さん(Vo、 Guitar)、夏秋さん、BARAさん、三谷さん
江上さんと、初めての共同作業した曲だとか。
二人が歌い、三谷さんがコーラス。

MC
顔で弾くベーシストBARAさん、スバラシイっと三谷さん。

ステージに、三谷さん、夏秋文尚さん:Drums、BARAさんと
江上徹さん(Vo、 Guitar)に、俳優でもある相島一之さん(Vo、Harp)が登場。
相島さん「BARAさん、30周年おめでとう」そう言って登場。
「2曲しかやらないから、ブルースって暗いイメージだけど、そんなのばかりじゃないからね」
「三谷さん、会場、女性ばかりじゃあないですかぁ〜」っと。。。笑
三谷さん、笑
あまりにも、相島さんが、三谷さん三谷さんって言うもんだから、私は、監督の三谷さんを、思い出してしまいました。笑
「では、夏秋さん、お願いします」と相島さん。

09. 器 / 相島一之 & THE BLUES JUMPERS 「My Stories - EP」
夏秋さんのドラムと、相島さんのハーモニカが炸裂。
最初、パトカーの音?って思うようなハーモニカの音色に、笑ってしまった。
ピーポーピーポー
それが、段々早くなり、凄い迫力に圧倒。。。
凄い。。。
こんなことが出来る方とは知りませんでした。
かなり魅了。
それから、歌が凄く説得力があり、さすが俳優、言葉の説得力が半端ない。
聴き入ってしまいました。
歌詞の内容もいいんですよね。
後半、三谷さんの方へ向かって演奏する相島さんに、三谷さんが答えるようにキーボードを演奏、これも迫力。

MC
相島さん「1曲歌って疲れた。。。」
今は、どんなお仕事を?
テレビの深夜枠で、「セーラーゾンビ」ってやつ。
アイドルの子がやってるそうです。
今度、NHKの朝ドラ「花子とアン」にご出演とか。
JINで、医学館の多紀っていう悪い先生の役で出ていて、実在の人物なんでって、クレームついて、いい人になっちゃったとか。

三谷さん「相島さんと言えば、うちの関西のファンの方から、三谷さんに似てる人がいるって言われて、関西のひらぱーって言う
遊園地のCMに、相島さんが出てるのを、ビデオを送って頂いて、当時、銀縁メガネかけていたので、似てるなと」笑
そんな話があったなと、私も思い出した。
会場、爆笑で、凄く盛り上がった。

10. カタツムリのジャブ / 相島一之 & THE BLUES JUMPERS
            「A POCKET FULL OF BLUES ポケットいっぱいのブルース」
ブルースロックでバンドをしているとか。
今度の曲は、負けるな、ガンバレ、くじけるな
そんな気持ちを歌った歌とか。
本当に熱のこもったすばらしい歌でした。

それから、TV番組の相棒に出演中の俳優、六角精児さん(Vo、Guitar)が登場。
さらにステージが、にぎやかに。
その登場でも、やらかしてしまう方。。。笑
スタッフが、足元を照らすものを持って、会場の中央にスタンバイしているのに、全然違う所に向かい
ステージの端を通って行こうとしたが、行けなくてうろうろ。
迷子の子供みたい。笑
やっと中央へ来たので、スタッフが案内してステージへ。
何だか、かわいかった。。。笑
六角精児さん「BARAちゃん、30周年おめでとう。
こんな一流のミュージシャンと、こんな一流のライブハウスで、凄いミュージシャンだったんだね」みたいなことを
いつも下北沢で、飲んでいる姿しか見てないみたいなこととか話されてました。
「会場も女性だらけで、いつもと景色が違う」とかなんとか。。。笑

左から、江上徹さん、六角精児さん、夏秋さん、BARAさん、相島一之さん、三谷さんが並ぶ
全員で、六角精児さんの歌を歌う。
11. 愛のさざなみ / 六角精児バンド 石ころ人生 / 島倉千代子元歌
島倉千代子さんが、元歌とか。
何だか、にやけてしまう。。。
渋いお声でした。
ギター抱えて、なんともいえない雰囲気。
味のある方ですね。。。

MC
BARAさんが、ルーズベルトゲームを見ているという。
六角さんが、髪を切ったのは、役柄のため。
BARAさんは、前回、六角さんの役柄の人が、かなり悪いことをしたので、もう出ないかと番組を見ていたら、
予告編でもいたので、安心したとか。笑
先週、首になりかけてたねぇ〜だって。。。笑
今日は、六角さんの本も販売しているという。
これは、BARAさんが、アマゾンで20冊注文。
決定キーを押した時に「本当によろしいですか?」って出たとか。。。笑
六角さんも、いきなり本がたくさん売れたので、驚いたらしい。笑
イイ奴だなあ。。。だって。

12. お父さんが嘘をついた / 六角精児バンド 石ころ人生
相島さんのハーモニカもよかった。
歌詞がなんとも。。。笑
あら、三谷さんコーラス。
歌い終わった後、六角さん「すいません、こんな三谷さんに、コーラスまでさせてしまい。。。」
歌詞の中に、塩辛とか、あん肝とか、からすみとか入ってるし。
三谷さんは、いえいえって笑ってる。
六角さん「お客さんも、笑わずに聴いていただいて。。。」って。
なんか、ボソボソってしゃべってるのが、またいいなぁと思ってしまいました。
歌詞の内容が、体に悪いものばかり食べてるおじさんみたいな話で、
それなりに年をとるから、他人ごとではないみたいなことを三谷さんが。。。笑

13. ほんとうの歌 / 六角精児バンド 石ころ人生
最後の曲っていうか、そんなにないしみたいなことを言う六角さんが。。。
なんか。。。クスっときた私。

ステージには、三谷さんとBARAさんが残り
スライド上映しながら、BARAさんの誕生から、現在に至るまでを語り合う。
赤ちゃんの頃とか、白黒の時代ですからねぇと三谷さん。
学生の頃とか、最初の頃は、髪短いのに、だんだん伸びていく。
五輪真弓さんの楽屋とか、福山さんのとか。
結婚式のスライド上映みたいとか言われてました。笑
色々質問する三谷さん。
いろんな方の名前が出た。

三谷さんとBARAさんで
14. For Once In My Life / スティービーワンダー
ちょっとベースと何か調節するBARAさん。
後ろのスタッフに、細かく指示。
この曲、むずかしいんですよって。
ベースと、PCとで歌う三谷さん。
凄くかっこいい。

夏秋さんと、シークレットゲストの飯塚昌明さん(GRANRODEO、Guitar)登場

MC
今回のライブ、ともさんや、山本公樹さんにも、声をかけたんだという。
2人ともダメだったらしい。
でも、もしよかったら、バンドになっちゃう。
どうしょうとドキドキしていたらしい。笑
ここでメンバー紹介
ドラム夏秋さん
三谷さんがソロになるのに、一番最初に紹介してもらったのが、夏秋さんだった。
BARAさんは、夏秋さんの紹介だった。
トリオでライブをまわるようになって、BARAさんの本当の人柄が分かったという三谷さん。
それまでは、バンドのメンバーとして付き合っていたという。
夏秋さんも、最初は、三谷さんとキャラが違うし、紹介する時に迷ったとか。
でも、ベース上手いしと。。。
夏秋さんの紹介がなかったら、僕は、ここにいなかったとBARAさん。

ベースBARAさんと言えば、夢の話は。。。っと三谷さん。笑
最近、忙しすぎて見なくて。。。
夢を見ないことで、うなされたりして。。。笑とか
でも、そこを絞り出して1つ披露して下さいました。
アマゾンの話
買い物をアマゾンでするじゃないですか?
そのアマゾンが、宇宙にあるという。
月の配送所から、注文したら、各家庭あてにシェルターがあって、そこに入れたらプシューっと届くという。
そういう夢らしい。
なななんと。。。。
画期的な〜と思いました。
会場大爆笑

ギター飯塚さん。
今は、GRANRODEOというユニットを組んで活動している。
なかなか一緒にライブできない。
飯塚さんは、全然誘って欲しいという。
みんなが、忙しいだろうと、遠慮しているようだった。
今日も、快くOKが出たようだ。
人柄は、知り合った時から変わらない。
もっと、えらそうにしてもいいのにだって。。。笑
左から、夏秋さん、BARAさん、飯塚昌明さん、三谷さん4人で
15. Free Bard / esq しじま -Silence of the night-カップリング
おお 久しぶりの生。
この曲のファンも多い。

16. All I Do / スタレビ One & Millions
あらら
この曲来ます?
嬉しいな

17. Cityscape / esq The City
でた
BARAさんのベースから、衝撃的に始まる曲。
飯塚さんのギターもかっこいいねぇ。。。

18. Melody / esq One And Only
ライブは、絶好調に進んでいき最後はこれ。
本編最後は、やはりこれでしょう。

アンコールは、全員で
左から、江上徹さん、六角精児さん、夏秋さん、BARAさん、飯塚昌明さん、相島一之さん、三谷さんで
19. バックインザUSSR / ビートルズ
全員で迫力の音、全快。。。
相島さんのハーモニカもかっこいいし、最高です。
時折、三谷さんに向かって、相島さんが吹くもんだから、三谷さんも、負けてらんないくらいにハイテンションです。

20. 男らしいってわかるかい / I Shall be released / ボブディランの替え歌
六角精児さんボーカルで、途中、BARAさんへのメッセージがこもった歌詞に。
音楽一筋に歩んできたBARAさんのこととか
男らしいのは、おまえだ。。。みたいなことを言っていたような。。。
ネットに、日本語の歌詞が載ったのを見つけたので、皆さんも、探してみて下さい。
「男らしいってわかるかい」だったかな?
じーんとくる内容です。
男の世界観感じますね。渋いわ。
三谷さんが、コーラスへ。

ダブルアンコール
BARAさん「今日は、ありがとうございました」
若い頃から、五輪さんのツアーで出たり、吉田拓郎さんとかしてて、車が買えるまでの大金を手にしたこともあったとか。
そして、五輪さんが結婚して、活動お休みとかして、急に仕事が減りはじめ、お母さんにお金を借りたりしたことも。
そんな時に、三谷さんだけが呼んでくれるようになって。。。。
声を詰まらせるBARAさんに、三谷さんも、少し感動されたご様子。
今では、普通に電話したりして。。。
そこで、三谷さんは、BARAさんは、本当に情が深い人と言っていた。
BARAさんが、相談したいことがあると言った時、必ず悪い話ではないなと
いつも幸せを運ぶ男。
30周年のトリオライブがしたいんだということで、心よく承諾したそうです。
最後に、この曲。

左から、夏秋さん、BARAさん、飯塚昌明さん、三谷さん4人で
21. One And Only / esq One And Only

BARAさんのお友達は、本当にいい方々ばかりでした。
会場でのサイン会もいい感じ。
お見送りしたんですが、皆さん、何度もおじぎされてました。
BARAさんの暖かいお人柄を、つくづく感じる幸せいっぱいのライブでした。
今度は是非、バンドライブ実現させて欲しいなと、つくづく感じるライブでした。
これからも、応援していきたいな。。。

本日のカクテル

開始17:30すぎ〜終了21:11