esq 20th Anniversary Tour -Playin My Music
2015年5月24日(日)
メンバー:三谷泰弘(Vo,Key)/山本公樹(Sax)/ BARA(Bass)/夏秋文尚(Drums) 
場所:神戸 SLOPE 


   はじめに
現在ツアー中の為
   ここから先は、ネタバレになりますので、これからライブに行くという方、内容は、知りたくないという方は、ご注意下さい。
私が、ネタバレを書く理由は、
   自慢をしたいからとかではなくて、初めての方が、行きたいんだけど、不安に思う方や、一度行って見たいんだけど、
   どういう内容のライブなのか知っておきたいという方の
背中を押して差し上げることができたらと、思い書いています。
   もちろん、感動をそのまま残しておきたい、今、書かないと忘れてしまいそうな思い出を残しておきたいという意味もあります。
現に、過去のライブレポを見て、思い出したりすることも多く、大切な宝物のように感じています。
   
    それでは
そろそろ
   まいります
3
   2
   1  























    天気予報で、気温が下がり少し、肌寒くなるような天気予報に、すっかり騙された、快晴の神戸。
   妹とランチを済ませ別れた後、友達と待ち合わせ会場へ向かいました。
   もうすでに開場の時間、ギリギリセーフ。。。笑
   整理番号順に中へ入ります。
   入り口で、ドリンク代金500円を渡してチケットを切って頂く。
   自由席です。
   どこにする?
   立ちたいので前はちょっと。。。っと言う友人と、左端のテーブルに。
   グッズ売場には、Tシャツとカバンと前回からの新アイテム「スマホdeチェキ」が。
   「スマホdeチェキ」と言うのは、三谷さんのタブレットで、三谷さんとツーショット写真を撮って送信すると、受信した小さなプリンターのような物から
   小さなポラロイド写真のような感じで印刷された物が出て来るというもの。
   画像が、浮き上がってきたら、再度、三谷さんの所へ行き、サインをしてもらえるという、2度接近のチャンスあり。。。
   私は、これを購入。。。
   ドリンクを選んで席に着いた。
   久しぶりに挨拶をする方もいて、しばらくおしゃべり。
   会場は、満席状態。
   暗くなって、三谷さん、山本公樹さん、BARAさん、夏秋さんがスタンバイ。
   緊張する一瞬だ。

   1曲目は、新しいアルバムの曲

01. Let’s love / esq Playin' My Music
    
 
   とっても明るくて軽快な曲。
はじまりにふさわしい。。。
   三谷さんの声も絶好調。
明るくて綺麗で伸びやかないい声してるなぁ〜と。。。
   楽しいリズムに合わせ、手拍子も気持ちいい。
ドラムやベース、サックスも、凄くいい音。
   生の音はいいな。
02. ぼくとラジオ / esq Playin' My Music
この曲も明るくて大好き。
   三谷さんの若かりし頃のエピソードも歌詞の中にあって、かわいい姿が目に浮かぶよう。
大好きな音楽番組を、自由に楽しんでおられていたんだなぁ。
   この時の音楽が、三谷さんにいろんな影響を与えていたんだなと。
私とは、明らかにジャンルが違う。笑
   音楽を志す方は、皆さん、この当たりの曲を聴いて育たれたんだと、納得。。。
バンドの音って、本当に素晴らしい。。。
03. Spread our love / esq Sing-A-Ring
久しぶりな気がした。
    なんでだろう。
山本公樹さんが、時折コーラスに入る。笑
   サックスのソロが迫力だった。


   ここからは、リクエストコーナー


04. Nothin' You Can Do About It / Manhattan Transfer
リンクを貼ってますので、聴いてみて下さい。
   三谷さんは、これとそっくりに打ち込みで作ってこられた音源で歌われました。
こんなことも出来てしまうのが、さすがです。

05. 素敵なたくらみ / スタレビ 楽団

    採用になられた方が、喜んでおられました。
   一人用にアレンジして、キーボードで弾きながら歌われました。
   途中、何かのきっかけなのか「ウン」っと、セクシーなお声を発する所があり、ドキリ。。。笑

06. 恋しくて / esq The City

    この曲もいいんですよね。。。
    恋しくて〜♪ 愛しくて〜♪。。。
    こんなこと言われたらどうします?笑


07. Happy (A Cappella) / Pharrell Williams / esq Playin' My Music

    出たよ〜アカペラ。。。
   三谷さんかっこいい。
   前に、ものまね番組で、アカペラをパート別に映像にして録画した物を、一斉にモニターに出して再生し
   ボーカルは当日、生で歌うっての見たんだけど、もちろん一人の人の多重録画。
   三谷さんで見たら、どんなにいいかと。。。妄想しすぎ。。。笑

    このアカペラ惚れ惚れします。
   


   メンバー紹介

   夏秋文尚(Drums)さん
   当時スタジオを持っていない三谷さんは、夏秋さんのスタジオに、毎日のように機材を入れてレコーディング作業をしていたという。
   家の人も、ブレイカーが落ちるのではないかと、心配していたとか。
  当時のノウハウとかを参考にしたりして、今は、他の方のお仕事もしているという夏秋さん。
  「三谷さんのおかげです」と夏秋さん。笑
  「いや、それを言わせるつもりで言ったんではないです」と三谷さん
   このやり取りが絶妙で笑ってしまった。。。笑

   山本公樹(Sax)さん
   26歳から23年間、現在49歳になりました〜と山本公樹さん。。。笑
   スタレビ時代に、FACE TO FACEの、ライブ録音で初めて会ったと三谷さん。
   最近は、カメラが趣味とかで、先ほど、にしむら
珈琲店で、撮影をしようとしていたら
   怖い風貌の人に、睨まれて、カメラを出してはいけないと引っ込めたそうです。笑

    BARA(Bass)さん
   アルバム、ジャンボリーの頃から参加。
   下北沢で、ライブバーをオープンしている。
   防音もしっかりして店内のリフォームもしたとか。
   三谷さんにも、アドバイスもらったみたい。
   三谷さんにも、ライブを1度だけお願いして来てもらった話などしていた。
   山本公樹(Sax)さんにも、やって欲しいとお願いしたら
   キーボードがあったら、してもいいと聞いて、三谷さんに相談したらしい。
   費用のことも考えて頂いたようで、本当は、このくらいの物があるといいと言われていた物を
   頑張って買ったらしい。
   今日あたり、届いていると思うと。
   三谷さん驚く。
   山本公樹(Sax)さん、ライブやってねってお願いされていた。。。笑
   ヤマハのCP-40とか。。。


    そして、夢の話へ
   今度、三谷さんのフルバンドでリハをすることになり
   曲の譜面とか送られてきて、一部、ギターの飯塚さんの所、1音だけ変更になって
   それを、BARAさんから、飯塚さんへ伝えて欲しいと頼まれる。
   飯塚さんは、GRANRODEOのツアーで忙しく、ツアー先の最寄り駅まで向かうことになったBARAさん
   その1音の為だけに会いに行ったら、飯塚さんに「分かってるよ」と冷たく言われてしまうという。。。

   「いやいや、彼は、そういう人ではありませんからね」と言い訳するBARAさんが笑える。
   三谷さん達も、客席も大爆笑。。。
   どんな風に音が変わったのか、説明されていたんですが、私には、理解不可能な内容の為、レポできません。笑

08. Bon voyage! / esq Playin' My Music

    この歌詞もいいんですよ。
   三谷さん、作詞の才能も半端ないですね。
   全部、一人でやってしまうんですから、凄すぎ。。。

   09. Speak Low〜砂の上のBlues / esq One And Only

   山本公樹さんのサックスがいいんですよね。
   BARAさんベースや、夏秋さんのドラムも気持ちがいい。
   最初、しっとりと歌い始める幻想的な雰囲気の三谷さんもステキでした。

   10. 流星物語 / スタレビ Rendez-Vous / esq Tailor-made

   徐々に盛り上げていく流星、esqバージョン。
   山本公樹さん、タンバリン持ってました。
   間奏から、いつものように、腕を伸ばし指を高く上げて。。。楽しい。

   カバーリクエストへ
   
   11. Circus Town / 山下達郎

   詳しくは言えない三谷さん。
   秋くらいから、山下達郎さんのツアーがあると思うので。。。って。笑

   12. Will You Love Me Tomorrow? / Carole King / esq Episode Vol.2

   しっとりとしたバラード曲。
   歌詞の訳詩をしてくださいました。
   ステキな歌詞ですね。
   esqのアルバムにありますので、聴いてみて下さい。
   雰囲気伝わると思うから。。。

   13. 茜色によせて / esq Playin' My Music

   照明がオレンジ色に。。。
   曲に合わせての演出ですね。
   山本公樹さんサックスが際立ちます。
   CDのバージョンではなく、シンプルにキーボードとサックスで、聴かせて頂きました。
   極力、音数を減らしていても、こんなに鮮やかに雰囲気よく歌われるのは、さすが三谷さん。

   MC

   21歳から35歳、14年間スタレビにいて、35歳から55歳の20年間ソロとして活動してきた
   スタレビで過ごした14年間は、本当に満足のいく14年間だったと。
   ソロになって分かったこと、スタレビとして過ごした14年間は、廻りの人に守られて生きてきたんだなと実感したとか。
   ライブに見に来てくれる人がいること。
   来られなかった方は、CDとか買って聴いてくれている。
   そういう存在があることを忘れず、いつも感謝の気持ちを忘れずに
   これからも生きて行きたいと語られていました。
   これからも応援よろしくお願い致します。
   今日は、本当にありがとうございました。
   そんなことを言われてお辞儀されてました。

   14. Ride on a bus / esq ジャンボリー

   さて、ここからは、盛り上がりますよ〜。。。
   山本公樹さん、曲の合間に、コーラスや、掛け声を入れてました。笑
   サックスのソロも。

   15. Smiling Face / esq Playin' My Music

   もう、いつもの手拍子で盛り上がります。
   かっこいい。。。
   三谷さんも、立ち上がり、熱唱。
   汗かきまくり。。。。

   16. Cityscape / esq The City

   出たよ〜BARAさんの指さばき。。。
   夏秋さんのドラムの音が響きます。
   山本公樹さんサックス迫力。

   17. Playin' My Music / esq Playin' My Music

   そして、この曲。
   楽しい曲なんだけど、ジーンと来る。。。
   「枯れ果てたと思っても。。。」
   この歌詞にいつも、ジーンと。。。
   昔、三谷さんが言っていた。
   暗くて長いトンネルの中を歩いているような時期があったと。
   「音楽で生きていく、他には何もいらない」
   充実した人生を生きておられるんだなぁと思う。
   私も、そんな人生を送れたらいいなと思う。
   頑張ろう。。。
   
   拍手喝采であります。。。

   アンコール

   三谷さん一人で登場

   18. Danger Lady / スタレビ Rendez-Vous

   友達のリクエスト採用、おめでとう。。。
   今宵も、かっこいい、キーボードのみなのに、こんなにかっこよくしてしまう。
   やはり三谷さんは凄い人。
   ジャズバーに来た気持ちにさせてもらえちゃう。。。
   途中、洋楽を挟む。

   19. It’s only love / esq 自由の人

   こういうさらっとした曲も好き。
   声にならない声で「 It’s only love」とささやく三谷さん。。。
   く〜。。。しびれる。。。おいおい。。。

   20. Melody / esq One And Only

   山本公樹、夏秋さん、BARAさんを呼ぶ。
   楽しくこの曲でしめる。
   盛り上がる曲、定番ですね。

   そして、ここで終わらないのよ私達。。。なんて。。。

   ダブルアンコール

   21. 瞳の中の天国 / スタレビ Brightest! / esq Episode Vol.2

   ありがとうございます。
   え〜何も考えず出てきてしまった。。。っと言いながら、タブレットから歌詞を探す三谷さん。
   リクエスト曲は、このタブレットから、曲の歌詞を探すんですね。
   最近の三谷さん。
   そして、途中で、画面が暗くなるみたいで、歌の途中で、タブレットを触って画面表示。
   演奏しながら、歌いながら、器用。。。笑
   爽やかに歌い上げる三谷さん。
   
   本当にありがとう三谷さん。
   最高でした。
   ソロ20周年、おめでとうございます。
   フルバンド、楽しみにしています。