esq "The Duo"Live'09 Tokyo 2009.4.18
目黒 BLUES ALLEY JAPAN


山本公樹さん(sax)と

本日の衣装は、今回のツアーで着ておられるスーツでした。
ストライプのシャツに、光沢のあるグレーのスーツって感じ。
山本公樹さんと、ご一緒にライブをされるのは、かなり久しぶりで、三谷さん自身も、
公樹さんのサックスを、楽しみたいと選曲も、凝ったようでした。
会場には、両サイドにスクリーンがあり、ライブの模様を映し出すようになっています。
生のお二人がいるのに、時々その映像を映画のように、鑑賞してしまう自分がいて
笑えます。
このライブハウスは、いつもオリジナルカクテルとやらを、出されます。
今回のカクテルは、"elderflower squash"
カクテルの中身は・・・
柚子リキュール10/ピーチツリー10/オレンジジュース10/
ノンアルコールスパークリングbottlegreenエルダーフラワー60だそうです。
やさしく弾けるカクテルなんだそうです。
三谷さんらしい・・・・。

そして、ステージが始まります。
中央にキーボード、その後ろにピアノ、山本公樹さんは向かって右側におられました。

01. 12:15P.M. -At Bryant Park-/自由の人
三谷さんのきれいな高音からはじまりました。
02. もっとそばに/自由の人
いつもと違いさらにサックスが入ることでムードが高まります。
ソプラノサックスだそうです。(お友達から聞いた)
ブルーのライトに赤い一つのライトが、ステージを照らして、とても幻想的できれいでした。
曲の終わりに、PCの端を押さえて公樹さんと息を合わせて、音色を絞っていく感じで
スーっと、曲が終わった時、ため息が出るくらい感動しました。
お二人の息もぴったり。
03. Spread our love/Sing-A-Ring
少し紫のライトがあたっていました。
PCのキーをすばやく抑えて、キーボードを演奏しキーボードの上の機械のスイッチを
入れたり切ったりして、コーラスを出す三谷さんが、忙しそうでした。
歌声は、バワフルで普通に歌われているのだけど、細かい手作業が目の前で見ていて、
三谷さんの凄さを実感しました。
そのコーラスの音を聴いて、公樹さんがニヤリとされていたのを、しっかり
見てしまいました。
公樹さんも、コーラス参加されていました。
サックスは、少し小さいのを演奏されていました。アルトサックス?

04. 抱きしめよう/ジャンボリー
ギター音で演奏。
ここでも、コーラスの切り替えをされる三谷さん。
手元が見れる位置にいたので、違う意味での醍醐味を堪能しました。
公樹さんは、ソプラノサックスを。
MC
本日は、遅刻しなかったと公樹さんのことを言われていました。
公樹さんは、8時間睡眠。三谷さんは6時間睡眠なんてお話も。
公樹さんは、遅刻の常習犯だったみたいで、よくその話が出るようです。
会場も、大爆笑でした。

05. Stop, Look, Listen / The Stylistics/esq Episode Vol.1
ピアノに座る三谷さん。
サックスをじっくり聴きたいと三谷さん。
会場のスクリーンに三谷さんと、公樹さんが一緒に写る。
いい感じ。
06. 砂の上のBlues/One And Only
ピアノのまま。
体をスイングさせながらサックスを演奏する公樹さん。
07. 流星物語/Rendez-Vous/esq Tailor-made
キーボードの上を、忙しそうに指を走らせる三谷さん。
ギター音で。

MC

08. 恋はTight Rope/Secret Face
サックスが聴きたいと選曲。
オレンジ色のライトが明るくていい感じ。
09. Dreaming Again/SOLA
一気に幻想的に。
ソプラノサックスで。
10. Perfect timing/Tailor-made
サックスをふきながら、体をゆらす公樹さん。
サックスソロが、とてもすばらしかった。
会場から拍手。
三谷さんもうれしそう。
11. しじま -Silence of the night-/Sing-A-Ring
色のないライトが、三谷さんを照らす。
とてもシンプルな演出。
ここで、公樹さんはおやすみ。

カバー曲リクエスト
第1部
12. Georgy Porgy / TOTO
ずっと以前にリクエストライブの選曲に入っていた曲で、私が一番聴きたかった曲。
感動してしまった。
ピアノで、歌われた。
途中で、一拍ピアノの音を止めると、何かアクセントのように声をはっと発して、
演奏を続けるみたいな・・・・。
よく、指を弾いたりする時の三谷さんのあの感じを、声でするのですが。
文章では、伝えにくいなぁ・・・・
なんしか、とってもかっこいいのよ〜って、もっと分からん。(笑)
MCで三谷さんが言われていたのですが、現在達郎さんのツアーにいる若いドラマーが、
TOTOが大好きで、ドラムの音マネをするのを、おじさん達がからかうらしいです。

13. Sorry Seems To Be The Hardest Word / Elton John
第2部
12. Alfie / Burt Bacharache
13. Tea For Two / Nick DeCaro

14. もう一度抱きしめて/SOLA
三谷さんの熱唱。
三谷さんがソロになって初めてのライブで、この曲を歌われたときには、鳥肌が立ちぐらい
に感動したことを、今でもしっかり覚えています。

公樹さんステージへ戻る。
公樹さんとの出会いから、色々お話が広がる。
1992年、FACE TO FACEのアルバムの時に会った。
17年間一緒にいたことになると、スタレビを超えた・・・なんて言っておられました。
そんな公樹さんも25周年。
昔の知り合いに会ったらみんな、太ったなぁと言ったとか。
12kg太ったとか。
これからの予定を言われてました。
TPOというフルオーケストラのような感じでやっているライブがあるそうです。
そんなMCの中、三谷さん靴紐を結びなおしたりしてました。(笑)

2部では、公樹さんが高所恐怖症だという話。
それは、子供のころに大きな木に登ってしまい、気がついたら降りられなくなってしまい、
はしご車出動とか。
あと、友達とスパイダーマンごっこをしていて、ビルの壁と壁の間を、手と足をつっかえ
ながら登り友達が途中で下を見てしまい、止まってしまって消防隊が来た話で、それ以来
高い所が苦手とか。
公樹さんは、登りきったらしい。

15. Danger Lady/Rendez-Vous
キーボードへ。
公樹さんのサックスも、凄くかっこいい。
私の大好きな曲。

16. 君のキャトル・ヴァン・ディス/スタレビシングル
以下メドレーで
-Kiss On My List
-Power Of Love
-Up town Girl
お〜お〜お〜お〜おの所、公樹さんも一緒に歌いだす。
最後の方で三谷さん、手をグーにして鍵盤をたたく。
めちゃくちゃ・・・(笑)
でも最高にかっこよかった。
突然、こんなこと思いつく三谷さんが、かなり好きです。
鍵盤なぐってない?(笑)
-君のキャトル・ヴァン・ディス

一部の時にアクシデント。
ピアノから、キーボードへ移った三谷さん。
歌詞カードを、歌に入る前にないことに気がつき、♪ん〜♪っと言いながら音をつなぎ
席を離れ振り返り、ピアノからキーボードへ戻ってくるという離れ業を。
公樹さん(笑)
三谷さんステキすぎてす。(笑)
17. Melody/One And Only
公樹さんもコーラス参加。
大盛り上がりのうちに終了しました。
2部では、またアクシデント。
ステージを降りられる時に、頭の上にあったスピーカーで、頭を打つ三谷さん。
ゴンって言った・・・・。イタタ
アンコールの後は、当たらないようにしっかり手でスピーカーを押さえて退場する
三谷さんがかわいかった。(笑)
2度と同じ過ちは繰り返さないぞって感じ(笑)

アンコール
オリジナルリクエスト
第1部
18. Ready To Love Again/Stardust Revue
19. Simple Song/SOLA
第2部
18. 想い出にかわるまで/Thank You
19. Boy Meets Girl/Thank You/Koo:Kan

MC
この年までこんなにライブをするとは思わなかったと三谷さん。
今年こそは、新しいアルバムを作るとか。
期待したいですね。
達郎さんのツアーも、もうすぐ終了。
後は、神奈川と北海道と沖縄と東京を残すのみ。
色々と楽しみだとか。
三谷さん、また食べ物ですか?(笑)

20. 週末の天使/自由の人
ソロになってTVで初めて歌った歌。公樹さんとともに。
そう言われた時、私も見ていたので、あの時のことだなぁと思い出しました。
これから一人でやっていくんだ・・・・
そんなことを見ていて思っていました。
何だか、またあの頃のことを思い出した瞬間でした。
しっかりと二人握手をして、2部では、記念撮影のために、ステージで二人並んで
Vサインと親指立ててましたね。
会報にも載るよね。

拍手の鳴り止まない会場に、ふたたび三谷さん登場。
ダブル・アンコール
21. Charming / Charming

そうして夢のような一日が終わりました。
行かれなかった皆さんに、伝わったらいいな。



トップへ戻る