本文へスキップ



esq page

esq (エスク)の、
私が制作したページや
資料を残しています。

ギャラリー

CDの紹介

esqのCD DVDなどの紹介
シングル
アルバム
DVD
カバーアルバム

LIVE DATA

esqのソロライブから現在までの
すべてのライブを、まとめています
いつ頃だったか?など、お調べになる参考にどうぞ。
esq LIVE 曲目リスト

私のすべてのライブレポ


私がいままで行ったライブのレポ
書いてます。
ご感想も、お待ちしております。
行かれた方はもちろん
行けなかった方も
お役に立てたら光栄です。

レコーディング・バンドメンバー


夏秋文尚(Dr)
BARA/榊原雄一(Bass)
飯塚昌明(Gtr)
山本公樹(Sax)
山口とも(Perc)
基本的には、一人で活動する三谷さん
バンドライブも、特別な時にしかありませんが
Trio ライブなどは、時々行われます。ドラムとベースで。

三谷さんについて

三谷泰弘 1959年12月13日生まれ O型 東京
1981年
スターダストレビューの、初代キーボーディストとしてデビュー。
アレンジ、作詞、作曲、歌も歌う。
1994年12月25日脱退
esq(エスク)というプロジェクトを立ち上げソロ活動を開始
1995年8月25日 ソロデビュー曲 週末の天使
ファーストアルバム 自由の人 発売
1998年山下達郎のアルバムCOZYに、コーラス参加し
ツアーも加入する。
2000年、事務所を独立し、アルバム「Tailor-made」を発売現在に至る。


ソロになって初めてラジオのパーソナリティーをする。
KISS-FM でのNAGE-KISSである。
毎回リクエスト曲を洋楽邦楽を問わず
ピアノの弾き語りバージョンでしてくれる。
ファンにはたまらない内容。
かなりの好評で長く続いた。
TVチャンピオンのエンディングテーマ曲もしていた。
愛を信じて という曲である。
山下達郎・竹内まりや・MISIAなどのツアーにコーラスで参加したり
Kのバンドマスターをし、キーボード、コーラスなどをしていた。
東京ディズニーランドやディズニーシーのパレイドのバックに流れる歌のコーラスなども参加している。
あとKinki kidsなどのコーラスにも参加している


本人もだけど実にさわやかな感じの曲を作る人である。
私は洋楽はあまり聴かないけれど彼が歌うとつい聴こうかなぁと思う
実に不思議な魅力のある方である。
ライブは雰囲気のいい穏やかなかつ怪しげな曲を唄うかとおもいきや時に激しい
ライブパフォーマンスを見せて度肝をぬかされる。
どういう人なのだと・・・。
必見の価値アリ。
いろんなカバーや楽曲のデーターはesq公式HPにあります。


esqの意味

何か、簡単で覚えやすい名前はないかと探した所
マックのキーボードは"Esc"キーが小文字で表記されています。
それを見て三谷さんは"esc"キーの最後の文字の"Q"の小文字"q"に変えて
読み方も"エスク"とされプロジェクト名を決定されました。
その後、プロモーションをする際に説得力を持たせるために後付で考えられた
意味がある。
私が知っている限りでは"q"はクオリティーとのこと。
常によりよい音楽を作り出すことが三谷さんの目標のようです。