esq ジャンボリーツアー

大阪ドラマシティ96年10月11日

曲目リスト
 1、流星物語
 2、Space age loveaffair
 3、Super sonic
 4、Ride on bus〜Everybode Wants To Rule The World〜Ride on bus
 5、抱きしめよう
 6、瞳の中の天国
 7、This is love
 8、Make love
 9、もっとそばに
10、Levon
11、雨の中のオレンジ
12、再会
13、Danger Lady
14、Love goes on
15、Destiny
16、夜間飛行
17、悲しみにByeBye
   アンコール
18、週末の天使
19、蒼ざめた週末
20、Thank You

Welcome Welcome to a Jamboree!〜ジャンボリーのアカペラが流れる
そして
流星物語がとてもライブ的で会場全体を盛りあげる。
Space age loveaffairとSuper sonicが続く。
最初から飛ばしてるな〜なんて思った。
とても楽しい。

メドレーも最近はよく三谷さん作られますがいつもすごくいい感じで作られるので
楽しみにしていましたが今回もとってもよかった。
Ride on bus〜Everybode Wants To Rule The World〜Ride on bus
こういうのって楽しいですね。

鳥のさえずりがアレンジに入っていてとてもステキだったのが 瞳の中の天国
元々バラードで書いた曲だそうです。

This is love
Make love
もっとそばに

このあたりの曲は私がとても好きな曲です。
まとめて聴けるなんてとても嬉しかった・・・。
なんて三谷さんってステキな曲を書く人なんだろうと思いました。

カバー曲を歌う理由について語られていました。
いい音楽を伝えていきたいという思いがあるということでした。
私も知らない曲を三谷さんから色々教えて頂いたので三谷さんには感謝しております。

今回は
エルトンジョンのLevonを選ばれましたが
三谷さんはエルトンジョンのライブを見に行かれた時にこのLevonを聴いたそうです。
エルトンジョンは高音の声が出なくなっていたらしいです。
声にならない声でも歌うエルトンジョンさんに感動したそうです。

雨の中のオレンジは、とても情景が浮かぶ曲ですよね。
どんな時に作るんですか?と言う問いかけをしても三谷さんはいつも
「作ろうと思って作るんです」っとおっしゃいますよね
なんか、はぐらかされている様な気持ちになります。
この曲にはどんな言葉を載せれば合うのかを考えて歌詞を作ると言われてますが・・・・。
まあ・・・そういうことにしておきましょうか(^^)

大阪シアタードラマシティという会場で行われたこのライブは新しい会場というだけあってきれいで
なかなか見やすい感じでとっても気持ちよく見れた。
ハッピーで明るいものを目指して作ったアルバムと聞いて本当にそんなアルバムだと思いました。
私もハッピーになれました。
ジャケットもとても明るい三谷さんがいてステキです。
ジャンボリーから参加のベースとパーカッションかとてもいい感じですね。
山本公樹さんが遅刻の神様が宿っていたとは知りませんでしたね。
ジャンボリーという言葉も最近使わないと言われてましたけどまさしく
このアルバムはジャンボリーだと思いますよ。
Supersonicが好きだったので久しぶりに聴けて感激した。
サックスとパーカッションが参加していた。
特にパーカッションのともさんが面白い人でついつい三谷さんより彼を見てしまう人もいたのでは。

ライブページにもどる
esqページに戻る
トップへ戻る