2011.08.13(土)
土岐英史 4DAYS・3
『Groovin' with esq』
土岐英史(Sax)esq:三谷泰弘(Vo,Key)難波弘之(P)清水興(B)セシル・モンロー(Ds)


場所が、京都RAGなので、
ライブまで時間があるということで、それまでお食事タイム。
私は、豚キムチ丼とウーロン茶。
メニューが色々あるので、悩んでしまいますよ。
お茶漬けも、もちろんあります。
しばらく、いろんなお話をしながら開演を待ちます。
お客さんも、バラエティでしたねぇ〜。
男性も、多かったし、外人さんも・・・。

そして、三谷さん以外の皆さんがステージへ。
全体的に、白っぽいお衣装で。

ステージの配置。
右前に、土岐さんサックス、その後ろにドラムのモンローさん。
中央に、三谷さんのキーボード、そして、その斜め後ろ左に
今回は、ウッドベースじゃなかった・・・ベースの清水さん。
左隣に難波さんのピアノとその斜め左前に難波さんのキーボード。
かなりギューギューづめ状態。
しばらくおつきあい下さいと土岐さん。

第1部
三谷さん以外でインスト曲2曲
1. FEEL LIKE MAKIN'LOVE/ロバータ フラック 作曲 GENE McDANILES
2. ヴァルデス イン ザ カントリー/ダニーハサウェイ
かなりの肉厚な演奏内容で、最初から、その迫力に圧倒。
難波さんは、左手にピアノ、右手にキーボードで演奏。
中腰で立ちながら・・・・途中、腰痛になりそうだっと、思ってしまった私って・・・。

2曲目に行く時に、何やら土岐さんがゴソゴソ・・・。
曲が始まると難波さんのピアノへ
おお〜。。。
土岐さんが、ピアノを弾かれるのを見るのは2回目。
難波さんの後ろで、ピアノを弾く土岐さん。
会場も、割れんばかりの拍手と歓声。
そして、また土岐さん前に行こうとして、ピアノの下へ潜る。。。
ん?、ホフク前進・・・・。
自衛隊の人かと思った。笑

インストの曲の時は、男性の声がめだっていましたね。

そして、三谷さんが紹介されて登場。
少々夏バテ気味なんでっと土岐さん。
ホフク前進も、3パターンあるそうでっと三谷さん。
説明をされました。笑
三谷さんのことを「esq社長」という土岐さん。
後は、彼に任せるとかなんとか言われていたような。。。
練習したみたいな、いい演奏だったと土岐さん。
そして、三谷さんも、土岐さん達の演奏を見て、「これくらいの演奏は、練習しなくても出来てしまうんですねぇ」と。

今回の選曲は、インスト以外、三谷さんが。
全然、歌ったことのなかった曲を中心に選んだそうで、三谷さんも、土岐さんとは、新しいチャレンジをされるつもりで、いつもおられるんだろうなぁと、感じました。
私も、リスト作るのに、必ず四苦八苦しています。笑

3. ウェーブ/アントニオ カルロス ジョビン作 歌手フランクシナトラ
ボサノバの曲で。

4. Ooh child/Five Stairsteps
1970年代のグループと紹介する前に、ジャクソンファイブよりも、前にいたグループだと言う所を、
三谷さんは、フィンガーファイブと言ってしまい爆笑。
まだ生まれてません彼らっと、突っ込んでしまいそうでした。
これくらいのテンポでっと、何やらリズムを取る三谷さん。
それを、じっと見つめる難波さん。
メンバーの皆さんは、それに合わせて演奏。
その雰囲気が、何だかたまりませんでしたねぇ。
今回は、パソコン持参ではなかったらしく、色々使われていたのは、一番前に座った友人の日記に
よると、iPod Touchだったそうです。
私、そういう世界に疎いので、何の音なんだと思ってました。

5.ワン レス ベル トゥ アンサー/バート バカラック
女性が歌う曲なんですが、うまく出来るかなぁと三谷さん。
私には、心配などありませんでした。
三谷さんは、何でも歌えますよ!

今日は、タクシーで、難波さんとモンローさんといらしたそうです。
京都のタクシーの運転手さんが、かなり京都のプライドみたいなことを力説されていたそうで
三谷さんは、最初は、興味深く聞いていたんですが、渋滞でなかなか進まない車の中最後には、
疲れてきていやになってきたとか。
そういうことは、よくありますよ。
三谷さんは、ノリがよかったから、運転手さんも、調子にのっちゃったんですね。
お疲れ様です。。。
この時期は、タクシーに乗ると時間がかかるよって、ダンナが言ってたなぁ

6. スーパーウーマン/スティービーワンダー
7. 夜間飛行/スタレビ Thank you
みんなで歌いました。
この日は、いろんなファンの方がいらしたので、じっと聴いていた方々も。
そして、休憩。

第2部
8. Moon Over Bourbon Street/スティング
ジェントルマンな演奏で・・・・っと三谷さん。
楽屋では、大人以下の雰囲気だったんですが・・・っと
ステージと楽屋の違いについて語る三谷さんが、面白かった。
どんな会話をされていたのでしょうね。

9. I'd rather/ルーサー・ヴァンドロス
土岐さんが、竹内まりやさんのライブの時「みたりん、これいい曲だと思わない?」っと
渡されたそうで、これは、練習しておいてっていう意味だと理解されたようですね。
歌えっと?・・・みんな爆笑。

三谷さん楽屋へ
10. インスト曲
凄い演奏だったのに・・・曲目教えて下さい。
MCになかったので・・・・。書けない。
それぞれのソロパートが特に迫力。
難波さんの手の動き・・・、ベースの早弾き、ドラムの力強い演奏、迫力ある土岐さんのサックス
どれも、素晴らしかったです。
楽器演奏など出来ない私ですが、目が点でした。

そして、今回は助っ人を頼みましたと、ギター、安達久美さんが。
三谷さんのイスどかしていいからと土岐さん。
それなのに、横へ移動させる安達さんに「先輩のイスを・・・」と言う。笑
色々セッティングする安達さん。
そして、ネルソンの曲からこの曲を。
11. Lesson #1/Nelson Super Project 「Nelson Magic Deluxe Edition」
安達さん、スレンダーな、綺麗な方でしたね。
ギターもステキでした。
1曲だけ参加されて、楽屋へ。

三谷さんふたたび登場
ビートルズの曲を、最近聴いてポールのライブDVDにはまったとか。
そういえば、あまり三谷さんから、ビートルズの話を聞いたことがなかったなぁ〜と。
12. ドライブマイカー/ビートルズ
13. Back in The USSR/ビートルズ
2曲続けて演奏。

14. Rock With You/マイケルジャクソン
これ、また聴きたいなぁと思ってました。
よかった。。。

15. I got love/esq Sing-A-Ring
この曲は、開場前に聴いてしまった。。。
待っていたら、中から聴こえてきてました。
ここで、出るんだぁ〜。。。

アンコール
楽譜がないと土岐さん。
探したらありました。。。
ここにきて、難しい曲が・・・っと難波さん。
難波さんでも、そんな曲ってあるんですか・・・。
それも、三谷さんの曲でそのコメントに何だか嬉しい気持ちになりました。
16. Spread our love/esq Sing-A-Ring

そして、土岐さんと三谷さんだけで残ってインフォメーション。
土岐さんアルバム出るんですね。
丁度、達郎さんのツアー前に。
それを聞いて三谷さん、私も出すんですよ。
「15/51」ライブDVDを。
この会場でも、ご予約受付中ですのでっと。

17. Stay My Blue/スタレビ Rendez-Vous/esq Sing-A-Ring
最後は、この曲を土岐さんと。
しっとりと、聴き惚れてしまいました。。。。

今回は、サイン会はないので、皆さん、精算されて、三谷さんのDVDの予約もされている
方々もおられました。
ライブが終わると、ふっと寂しくなるのですが、今夜は、泊まりで来ているので、
ライブ後も、友達と楽しく話をして、幸せ感を堪能して過ごしました。

本当に土岐さんとのライブは、特別な三谷さんが見れて最高です。
いろんな新しい三谷さんを、発見できます。
またあったら来たいなあ。。。


番外編 京都散歩

おやつに行った場所は都路里 祇園本店
行列のお店ですが、硬く凍らしたおしぼりを、配ってくれて、一時間は並ばないですが、
商店街の中なので屋根の下で待つ感じで、暑さも少しは、しのげました。
意外と早いなぁと感じました。
私は、ほうじ茶パフェ、他の友人は、都路里パフェを食べました。

そして、祇園四条をブラブラして、ちりめん細工館など見ました。
オリジナルストラップなんかも、作れますよ。
アルファベットの小文字がないのでESQになってしまうけどね。笑

次の日は、イノダコーヒー本店でランチ。

トップへ戻る