☆土岐英史 真夏の六日間:6 『トキトクエスク』
日時:2016年8月13日(土) 
開場18:00/開演19:30
場所:京都 Livespot RAG 
出演:土岐英史(Sax)、 esq<三谷泰弘(Vo,Key)>、
TOKU(Vo,Flh)、宮川純(Key)、
清水興(B)、 マーティー・ブレイシー(Ds)

 前回のトキトクエスクの時に、TOKUさんが、10年ぶりだと言っていて
 またすぐにでもやりたいと言っていて、本当に実現したライブでした。
 とても嬉しくて、その時点から興奮して待ち望んでおりました。
 友人と待ち合わせて会場へ
 さすがに夏の京都は、半端なく暑かったです。
 本日は、超満員で、前日まで、どうするか迷っていた方々の、やっぱり行こうと思う
っていうメール凄く嬉しくて楽しみでした。
 会場でドリンクや食事を頼んでいたら、そんなお友達とも会うことが出来て、少しですが
お話もできました。
 ライブが始まる前に食事も終わり一安心。
 そして、いよいよライブが始まりました。
 後ろの楽屋から、前のステージへ、客席の間を抜けてメンバーが上がっていきました。
                            
第1部

01 My Foolish Heart (Instrumental)/ Jazz Standard
土岐英史(Sax)、宮川純(Key)、清水興(B)、マーティー・ブレイシー(Ds)
  ジャズ系の皆さんのプレイにドキドキ。
  特に、今回は、初めての宮川純(Key)さんに注目。
  HPとかで見ていて、とてもお若いのに凄い実力者のようで、楽しみでした。

02 Valdez In The Country (Instrumental)/ Donny Hathaway
  土岐さんが、2曲やるつもりだったんですが、どうしてもTOKUが参加したいと言うの
でってTOKUさんが、呼びこまれました。
  若い宮川さんと、張り合うかのような、土岐さん達の演奏。
  あれ?、いつもの渋い感じが、凄い白熱した感じ。
  凄く一体感のあるステージで、どこを見たらいいんだろうかと思ってしまいました。
  それぞれのソロが入る。
  宮川純(Key)さんから、土岐英史(Sax)さんへ
  清水興(B)さん、マーティー・ブレイシー(Ds)さんへ
  宮川純(Key)さんの指の運びが半端なくて、指が何本にも見える瞬間が。。。
  それに負けじと清水興(B)さん、楽しそうに弾いているんだけど、これも指先凄くて。
  土岐英史(Sax)さんとTOKU(Vo,Flh)さんが両サイドから、また迫力ある演奏で。
  ジャン!って終わった瞬間、会場拍手喝さい。
  素人の私でも、本格的なプロの技、見ちゃったなぁ〜と。。。
  この距離で、迫力で圧倒されました。
  演奏終わった後、真ん中にある三谷さんのキーボードを見て
  土岐さん「主がいないと邪魔だなぁ〜」っと言っていて、大爆笑。。。
  「主を呼び出したいと思います。三谷泰弘〜」
  三谷さん「本日はようこそいらっしゃいました〜。」
  お盆時期にお忙しい中ありがとうございますみたいな話から。。。
  三谷さん「今日は、アグレッシブルなライブで、若手が入るとこんなに違うのかと
  いつものまったり感がない」そんなことを。。。笑
  私も思ってましたが、三谷さん言っちゃった。。。笑  

03 I Can't Help It / Michael Jackson
Vocal..TOKU
コーラスesq<三谷泰弘(Vo,Key)>
  三谷さんセレクト
  TOKUさんの歌声に三谷さんのコーラスが綺麗に入る。
  土岐英史(Sax)さんソロからTOKU(Vo,Flh)さんソロへ
  三谷さん歌わないんだ〜と、ちょっぴり思ったけど
  満足でした。綺麗だった。。。
  
04 Hurting Each Other / Carpenters
Vocal..esq<三谷泰弘(Vo,Key)>
  TOKUさんのみステージ袖へ。
  私の場所から、TOKUさんが見えて、凄く三谷さんの声に浸っていました。
  三谷さんのしっとり歌う姿に見とれます。
  同時コーラスの機材もあり、綺麗にご自分の声にハモリを入れておられました。

MC
  土岐さんが、初めて三谷さんとTOKUさんを都内で会わせて
  二人の声が違うしキーが合わないのでどうするか話をしていてやりたいと言うので  
  やってみたと、当時のトキトクエスクをやる前のエピソードを話してくださいました。
  TOKUさんにとっては、特別なステージらしいです。
  土岐さんが、三谷君の楽譜、とてもきっちり書いてあるんだ
  TOKUは、ほとんど書いてない。
  簡単なコード進行くらいみたい。
  三谷さんは、TOKUさんのことを、とても新鮮だと。
  土岐さんは、三谷さんのたたき台出してくれたのを見て考える。
  一昨日、やりましょうってヒラメキみたいな
  三谷さん「前もって、譜面も資料もしっかり送っても、忘れるんだもん土岐さん」
  その他のメンバーは、すでに土岐さんをお年寄り扱い状態に笑えた。。。笑
  当日リハもあり、それでもこのクオリティみたいに言う三谷さん。
  TOKUさんのほとんど書いてない譜面に対して、宮川さんは、以前からの知り合いらしく
  3日前に今回は届いたので、早いなと思ったという。
  いつも前日?当日?のこともあったと話していた。
  なんか、外人さんみたいなノリ。笑
  
05 Gotta Find A Way / Frank McComb
  Vocal..TOKU
  コーラスesq<三谷泰弘(Vo,Key)>
  TOKUさんセレクト
  Frank McCombさんが好きなんだってTOKUさん。

06 Little Ghetto Boy / Donny Hathaway
  Vocal..esq<三谷泰弘(Vo,Key)>
  三谷さんセレクト
  PCのパーカッションの音から始まる。
  サビの部分を、清水さんTOKUさん歌う。

07 Sweet Baby / George Duke
  Vocal..TOKU/esq<三谷泰弘(Vo,Key)>
  TOKUさん選曲。
  意外な選曲と三谷さん。
  命日にライブをするというTOKUさん。
  リハで三谷さんと合わせた時に、凄くよかったとTOKUさん絶賛。
  高音の三谷さんの声と、とても合っていて綺麗でした。
  TOKUさんが気に入ってしまったのも凄くわかります。
  https://youtu.be/d6AHjroSkfM

第1部 終了 20時45分
  しばし休憩
  みんなの感想
  凄いよかった〜
  新しいドリンクを注文しながら、感想を話し合った。
  凄く厚みのあるライブ。
  こういうステージをWOWOWとかで見たいわ。

第2部
    
08 The Look Of Love / Burt Bacharach
  Vocal..esq<三谷泰弘(Vo,Key)>
  esq<三谷泰弘(Vo,Key)>、TOKU(Vo,Flh)、宮川純(Key)3人登場。
  三谷さんは、ギター音に変えて。。。
  凄く雰囲気のある曲で、三谷さんにピッタリ。
  演奏するTOKU(Vo,Flh)さん、宮川純(Key)さんも、浸ってる。。。
 
MC
  いろんな海外のアーチストと知り合いのTOKUさんに驚くと三谷さん。
  どういう風に知り合うのかと聞くと、メンバーの人の知り合いとか、
  好きな人には、すぐ会いに行っちゃう。
  考えようによっては、図々しいんですねとTOKUさん。
  いや、そういう積極性が僕にはないと三谷さん。笑
  TOKUさんは、そういう海外の方が日本に来たら、温泉やドンキホーテに連れて
いくとという。
  ドンキ好きですからね、外人はと。。。笑
  家族のお土産とか買っていくと。。。
    
09 Strangers In The Night / Frank Sinatra
  Vocal..TOKU
  ステージに全員揃う。
  TOKUさんセレクト
  三谷さんお休み。

MC

  土岐さんのsaxについて
  三谷さんがステージに戻ると、土岐さんの話になった。
  先ほどの曲で、魅惑のつばき飛ばし出ましたねと。
  土岐さんは、吹き始めから、土岐さんだと分かるんだと。
  音が出る前のフーってとこから、来るぞ!キタっ!みたいなと。。。笑
  そして、土岐さん世代の違うメンバーと、車1台でツアーした話。
  名古屋、大阪、神戸、四国、京都
  まわりのみんなが楽しくてと土岐さんが言ったら三谷さんが
  「周りが気をつかってるんですよ」と一言。笑
  土岐さん「三谷くん、口が悪いな〜」と。笑
  宮川純(Key)さんのお父さんが、三谷さんと同じ年とか。
  土岐さん神戸なのに、中日が好きでと宮川さん。
  清水さんとマーティー・ブレイシー(Ds)さんは阪神ファン。
  今日は、阪神が勝ったと、相手がたまたま中日。
  二人はご機嫌らしい。笑
  もういいんですと宮川さん、少しスネた感じ?可愛かった。

10 I'd Rather / Luther Vandross
  Vocal..esq<三谷泰弘(Vo,Key)>
  TOKUさん休憩。
  いつもここでしか歌わない曲ですと三谷さん。
  なぜ、この京都RAGでしか、この曲をしないのかと言うと
  2011年8月13日「Groovin' with esq」というライブにて、ドラムで黒人の
セシルモンローさんと言う方を交えてセッションに参加されたのですが、その日のわずか
14日後に、8/27、千葉の海岸に、ご長男(13歳)と海水浴に行かれサーフボードで遊泳中、
海に投げ出されたということです。
  56歳ということでした。
  私達もショックでした。
  明るく気さくなとてもいい方だったんです。
  三谷さんにとって、特別な場所での特別な曲ということです。

11 My Way / Frank Sinatra
  Vocal..TOKU
  三谷さん休憩
  途中に今の心境が少し入るラップが入る。
  TOKUさんのアルバムにも入っている曲。
  歌い上げないマイウエイ。

MC
  TOKUさんとの初めての印象について。
  こんな風に歌えるんだと驚いた、カルチャーショックを受けました。
  今日は、真面目に褒めると三谷さん。
  TOKUさん「恐縮です」
  清水さんのくれたお薬のような物について
  近大で研究しているのは、マグロだけしゃないんですよっと清水さん。
  開発者が、清水さんのファンという。
  酵素の研究してる。
  お酒の弱い人とかに効くとか。
  飲みすぎたなと思う時に、元気になるらしい。
  スパリブっていう、ファミマに売っているらしい。
  実際、行ってみたらあった。。。笑
  http://www.life-fuji.jp/item/supaliv.php
  
12 That's The Way Of The World / Earth,Wind And Fire
  Vocal..esq<三谷泰弘(Vo,Key)>/コーラスTOKU
  土岐さん演奏している途中で
  TOKUさんにやってみっと指示、僕?っと自分を指さしTOKUさん譜面をめくり演奏。
  凄いな。。。
  すぐ出来ないとプロじゃないよって感じ。笑
  三谷さんが歌っている間に、よくこういう演奏の指示が入る。
  生でどんどん曲のアレンジがされる感じ。
  時々、三谷さんにも何か言いたいみたいな、土岐さんやTOKUさん
  だけど、三谷さん真剣に自分の演奏に集中しているなんて光景も。。。
  
13 I Thought It Was You / Herbie Hancock
  Vocal..TOKU
  いきなり三谷さん、長いマイクを取り出して機械に取り付ける。
  ボコーダーというらしい。
  http://info.shimamura.co.jp/digital/newitem/2015/09/67094
  不思議な声が機械音に変わる。
  昔、YMOとかが使っていた物とよく似てる。
  三谷さんの新兵器?かと思った。笑
  とても軽快な楽しい曲だった。
  https://youtu.be/-_55JoURq1Q
  ドラムソロでは、三谷さんしゃがんでいた。
  みんなによく見えるように。。。

14 On Broadway / The Drifters/George Benson
  Vocal..esq<三谷泰弘(Vo,Key)>
  怒涛のソロ合戦。。。
  土岐さんから、TOKUさんはスキャット
  三谷さんから、宮川さんへ
  三谷さんから、TOKUさんへ
  そしたらTOKUさん、みんなに歌うように客席に「ラララ」とか
  TOKUさん、どんどんアレンジして歌い出し、それに合わせて、客席も歌うハメに。
  コールアンドレスポンス?っていうやつですか?。
  ラララと歌えばラララで返す。
  それがTOKUさんの場合、難しいバージョンで歌えません〜って感じに。。。笑
  ベースソロ清水さんからドラムへ
  大盛り上がりで終了。

アンコール

MC
  先ほどのボコーダーの話。
  最近、ポチッとしたという三谷さん。
  買ったはいいけど、どこで使おうかと思っていたら、この曲があったので
持ってきたという。
  TOKUさん、持ってきてくれて嬉しいと言っていた。

15 蝶々さん / 細野晴臣
  Vocal..esq<三谷泰弘(Vo,Key)>
  いきなりドラムから手拍子。
  メンバーも手拍子。
  会場もいきなりのことで手拍子したけど笑
  シーズンですからと。。。
  盆踊りでやるようなテンポ。
  パハンガパンみたいな。。。笑
  何が始まるのかと思えば、面白い歌。
  「蝶々さん〜蝶々さん」と歌いだす三谷さん。笑
  https://youtu.be/zJaZ1K1b0O0
  https://youtu.be/LFXJNCVRDrUこっちがいいかな。
  ステージには、3人残る。

16 Stay My Blue -君が恋しくて- / esq Sing-A-Ring / STARDUST REVUE RENDEZ-VOUS
  Vocal..TOKU
  このメンバーでは定番の曲。
  土岐さんのTOKUさんと三谷さんとで。。。
  土岐さんのsaxもしっとり。
  三谷さんの演奏とコーラスもいい感じ。
  TOKUさん、若い頃、カラオケでいろんな曲を歌いに行っていたという。
  その時にこの曲を聴いて、なんていい曲なんだろうと。。。
  土岐さんから話が来た時に、三谷さんと出来るなんてと。
  感無量という感じでお話しするTOKUさん。
  もういいですといいながら、いきましょうと曲が始まり、TOKUさん、三谷さんのことを
じっと見ながら歌いだす。
  間奏に入り、土岐さんのsaxに酔いしれる。
  凄く感情がこもった歌い方のTOKUさんに、三谷さんの綺麗な高音のコーラス
  寄り添うように入ってくると、TOKUさんも、うっとりするように気持ちよさそうに歌っている。
  なんて、幸せそうなんだと感じた。
  そして、会場全体がしっとりと、幸せな雰囲気のまま終了した。
  もっと聴いていたかったなぁ〜。。。。
  夢のようなひとときは、あっという間なんですね。
  今回も、貴重なライブが見れて幸せでした。
  また次回もありますように。。。
  
  22時50分終了。