esq The Trio Tour'08 三島 2008.7.5
静岡三島 After Beat
   
静岡の三島は、初めてでした。
前々から、とてもアットホームな会場だと、お友達に聞いていたのでワクワクしていました。
ずっと、個人的には体調を崩していて、こんな感じでライブに行ってもいいのか?
ギリギリまで迷って決めたライブでした。
そういった意味でも、かなり歴史に残る想い出になるライブでした。

大阪からお友達と二人で、こだまに乗ってゆっくり静岡に向いました。
現地にて合流したお友達とホテルへ。
一時間後、会場へと向いました。

本当に商店街の何気ない町並みを歩き、少し細い路地を入ると、会場がありました。
一瞬通りすぎそうになりましたが・・・。
お店の中に入ると本当にステージと近くて、びっくり。
お店の壁には、アメリカの大きな国旗が貼ってありました。
ドリンクを注文してから、どうしてもご飯が食べたくなり、焼きおにぎりを注文。
3つも入っていて、海苔の香りもしておしょうゆと、焼いたおにぎりの香りとで、
凄く美味しそう・・・。実際香ばしくて美味しかった・・・・。
おくすりもしっかり飲んで、三谷さんを待つ。
真ん中に三谷さん、左にベース右にドラムという位置。
私は、真ん中の後ろ壁にもたれて座る感じで、ライブに参加した。
オープニング
.Rainbow / Koo:kan 
髪の毛もすっきりお切りになり、ステキな三谷さんが登場。
ネクタイ風?にスカーフ?マフラー?みたいに首にかけておられたのが、とってもオシャレな感じに。
最初アレンジに曲が、ふと何だろうと分からなかった。
途中から曲が変わった。
〜 Burn Down The Mission (エルトンジョン)
おお〜。
私、これ生でもう一度聴きたかったの
たしか、佐々木久美さんと一緒に昔ライブされた時以来かな?これ聴いたの。
とっても迫力があって大好きな曲です。
来てよかった・・・・早くもそう思いました。(笑)
2.Evil eyes -悪意- / 自由の人
いきなりキーボードアレンジが違っていて、とてもかっこいい・・・っと思いました。
ベースとドラムのソロも入ってとてもステキなアレンジでした。
ラストのシンセの音が止まらず無理やり「終わり」っと言ってスイッチを切った三谷さん。
そして
3.Ride on a bus / ジャンボリー
いつもと感じが違ってまたこれもステキでした。
MC
東名をひた走りに走って三島に来たと三谷さん。
どこを見てうたったらいいのかってくらい近いのに、三谷さん緊張すると一言。
レインボーは、初めてライブでやったと三谷さん。

4.逃亡 -Running out- / ジャンボリー
この時、夏秋さんのスティックが変わっていた。
先の方に丸いボールがついている。
ちょっと個性的な音、南米っぽい音。
PCのコーラスが入ってとてもいい感じ。
スキャット風?のコーラス。
最後に「Running out」って低音で力強く終わるラストがかっこいい。

5.抱きしめよう / ジャンボリー
最初はキーボードから始まりPCのコーラスが入る。
いつもよりやわらかく聴こえた。
2コーラス目から、ドラムとベースが入って、盛り上がる。
コーラスアレンジも少し違うように聴こえた。

6.砂の上のBlues / One And Only
夏秋さんのドラムから入った。

7.しじま -Silence of the night- / Sing-A-Ring
最初キーボードから入る
夏秋さん、なにやら木の実がぶどうのように付いた楽器を取り出し、カラカラとパーカッション。
はじめてみた。
2コーラス目からベースとドラムが入り、ラストは、シンバルとベースが盛り上げる。

MC

8.夜間飛行 / Thank You(スタレビ)
ここでも夏秋さん、スティックの先にやわらかい丸いものが付いたので演奏。
いろんな物を見せて頂きました。

9.Whisky A Go-Go / Rendez-Vous(スタレビ)
三谷さんが、なにやら小さい筒をマイクに近づけ歌いながらシャカシャカ、パーカッション。
初めて見る光景に、少しドキドキ。(笑)
Kさんのライブで、赤いタンバリンでパーカッションしていた三谷さんを、ふと思い出した。
色々見せてくださる三谷さんに感動。

カバー曲リクエスト
10.Killing Me Softy With Her Song / ロバートフラック
11. Anyone At All / キャロルキング

12.ここに / One And Only
ドラムの音がかなり響いた。
迫力があった。
PCのコーラスも、効果的で迫力があった。
シンバルの音で、ふっと終了。

13.黄金の日々 / Tailor-made
キーボードだけでシンプルに始まる。
次にドラムとベース入る。

MC
メンバー紹介(長いよ〜)
夏秋さん、ドラム。
1994年に知り合う。
ソバはいつ頃から?
食べまくっていたのは随分前からだとか。
今や自分でソバを打つまでに。
早く着いたので2軒隣のソバ屋さんに行った。
着いた瞬間から「ソバ屋だ〜!」っと夏秋さん。
凄くオシャレな内装で、ジャズが流れている。
最近、ありがちなソバ屋さんだという。
メニューの字ずらで、ちょっと違うなと感じる夏秋さん。
ポイントは?の問いに、ソバ以外のものが多いと、あんまり美味しくない、盛りソバにも種類があって
粉によって違う。
そこは、1種類しかなくて・・・っと夏秋さん。
最初から、つゆは付けず、スパゲティのようにソバだけを食う。
それを見ていた店長さん、かなり気にしていた様子。
いつも行っていたソバ屋さんに「ソバ打たないか?」と言われて教えてあげようか?とまで言われ
しっかり教わったそうです夏秋さん。
時々同業者の方ですか?と店の方に言われるそうな。

BARAさん ベース
実家が横浜だそうで、いきなり「ハクビシン」って知ってます?と聞くBARAさん。
隣のおばさんに「タヌキが出てあなたの家の屋根で、うんこしてる」って言われたそうな。
洗濯も出来ないし、ふとんも干せないからどうにかしてくれと。
片付けてもまた同じ所にするそうな。
市役所に電話したら、駆除係が来て、通りがかりのは、駆除出来ないという話。
それにタヌキではなくハクビシンだと言われたそうです。
ある日、目撃した時には、どうやら隣から入ってきたらしく、そのままおばさんに言ったら、
あんたのせいって聞こえるから。
向こうから来ようとしてましたよと、ダメーシを与えておたくの方から来たみたいですよ。
一応、片付けますけどぉ〜と言ってやったとか。
BARAさん、お疲れ様です・・・・(笑)っと思ってしまいました。
会場大爆笑でした。

14.週末の天使 / 自由の人
キーボードでシンプルに始まりました。
夏秋さん、手のひらサイズのコロコロ回す楽器で、パーカッション。
後から、ドラムとベースが入ってくる。

15.R.E.A.L. / Tailor-made
キーボードアレンジが変わっていて激しくかっこよかったです。
ギターのソロの部分は、キーボードで、されてました。

16.太陽の下で / Sing-A-Ring
17.Melody / One And Only
出だしのイントロも、キーボード弾きまくりでかっこいいこと・・・・。
ウットリしちゃいます〜。
間奏もアレンジ変わっていてステキでした。
すごく盛り上がりました。
何だか、色々新しい発見や驚きのあるライブでした。

アンコール
オリジナル曲リクエスト
18. 紙飛行機の夢 / SUPER DONUTS (スタレビ)
久しぶりにこの曲が聴けて嬉しかったです。

19. New World Song / 君のキャトル・ヴァン・ディスのカップリング(スタレビ)
出だし、イントロ高すぎて「こんなに高くなかった」って歌いながら言う三谷さん。(笑)
この曲も久しぶりです。

MC
ソロになって13年、スタレビ時代14年。
もうすぐ、スタレビ時代を追い越すんですっと三谷さん。
もうそんなになるんですね。
私の場合は、88年からのお付き合いなので、スタレビの頃の三谷さんは、7年くらいしか
拝見しておりません。
ソロになってからは、ずっとなのでスタレビの三谷さんよりは、esqの三谷さんの方が長いです。
歴史感じてしまいますね。
ちょっぴりしみじみ。
でもこうして三谷さんや、たくさんの三谷さんを愛するファンの方々と、知り合えたことは、
とても貴重なことなんだなぁと、改めて思いました。
たくさんの想い出と、たくさんのライブに参加出来たこと、とても感謝しています。

これからも、付いていきたいアーチストは、三谷さんだけだと思っています。

20.One and only / One And Only

ライブ後は、体力の限界となりホテルへ戻りましたが、またこんなライブがあったら行きたいと
思いました。
現地で、ご心配おかけした皆様、本当にすいませんでした。
もうかなり元気になりました。
また、色々お目にかかれるかと思いますが、どうぞよろしくお願い致します。
つたないレポでしたが、最後までお付き合いありがとうございました。

トップへ戻る